MT4インジケーター、BBとピンバー・包み足・はらみ足でサイン

 ボリンジャーバンドとローソク足のパターン、ピンバー・包み足・はらみ足でサインが出るインジケーターを作成。ボリンジャーバンドの±2、±3σを超えてローソク足のパターン、ピンバー ・包み足 ・はらみ足が出たらサインを出す仕様。インジケーター名は、hj_BB_Candle100

サインは、アラーム、アラートWindow、記号表示、メール、プッシュ通知。興味ある方は、お試しください。

hj_BB_Candle100 仕様

 ボリンジャーバンドの±2 or ±3σラインを越えて、ピンバーまたは包み足、はらみ足が現れた場合にサイン出力。ローソク足確定前のサイン表示有無選択可。

  • チャート内表示サイン
    • サイン発生足サイン
      • ピンバー・包み足・はらみ足、個別に表示有無・色・大きさ・表示位置・設定可能
    • チャート右端縦ライン
      • ピンバー・包み足・はらみ足、いずれかで表示
      • 個別設定不可
      • 表示有無選択可
  • 通 知:個別OnOff設定可
    • アラート
      • 上昇・下降音個別設定可
    • アラートWindow
    • メール
    • プッシュ通知

パラメーター

 シンプルにしようとしたのですが、ピンバー、包み足、はらみ足、含めると長くなってしまい、画像キャプチャ2枚になってしまいました・・・
途中の切れ目、見にくいかもしれません。。。

  • アラートWindow表示
    • true:表示
      • アラート回数に1回カウント。アラート回数3回の場合、アラートWindowのアラートが1回、あと2回はアラート音ファイルで指定した音が鳴ります
    • false:非表示
  • アラート
    • true:アラート音鳴らす
    • false:鳴らさない
  • アラート回数
    • アラートの回数設定
    • アラートWindow=trueの場合、設定回数-1回
      アラート回数3回の場合、アラートWindow音1回、アラート音ファイル指定した音2回、合計3回となります。
  • 事前アラート
    • true:ローソク足確定前のアラート鳴らす
    • false:鳴らさない
  • 上昇アラート音ファイル
  • 下降アラート音ファイル
    • 下降サインのアラート音ファイル設定
  • メール送信
    • true:メール送信する
    • false:送信しない
  • メールタイトル
    • メール受信時のメールタイトル
  • プッシュ通知
    • true:プッシュ通知する
    • false:通知しない
  • BB期間:ボリンジャーバンドの期間
  • 計算に使う移動平均線の種類:4つから選択
    • Simple
    • Exponential
    • Smoothed
    • Linear Weighted
  • BBシグマ1:一つ目のσ値(小数点以下1桁目まで)
  • BBシグマ2:二つ目のσ値(小数点以下1桁目まで)
  • BBシグマ3:三つ目のσ値(小数点以下1桁目まで)
  • 遅行スパン:過去にずらす期間を設定
  • ピンバー
    • true:ピンバーサイン表示する
    • false:表示しない
  • ピンバーヒゲ長:対実体倍数
    • 長い方のヒゲの長さが実体の何倍以上かを指定
  • ピンバー実体位置%
    • ローソク足全体に対し、短いヒゲの端から実体の位置が離れてる割合を%で指定
  • 判定シグマライン:次の3つから選択
    • Pinbar ヒゲ >= ±BBシグマ3
    • Pinbar ヒゲ >= ±BBシグマ2
    • 条件なし
  • upサイン色:上昇判定時のサイン色設定
  • downサイン色:下降判定時のサイン色設定
  • upサインコード
  • downサインコード
    • 下降判定時のサイン記号設定
  • サインの大きさ(整数):数値が大きくなるほどサイズ大
  • サイン位置(pips):サイン表示位置設定
  • 包み足
    • true:包み足サイン表示する
    • false:表示しない
  • 判定シグマライン~サイン位置(pips)、ピンバーと同じ
  • はらみ足
    • true:はらみ足サインを表示する
    • false:表示しない
  • 判定シグマライン~サイン位置(pips)、ピンバーと同じ
  • 縦ラインサイン
    • true:チャート右端縦ラインを表示する
    • false:表示しない
  • upサイン色:上昇判定時の縦ライン色
  • downサイン色:下降判定時の縦ライン色
  • 縦ライン幅:数値が大きくなるほど幅広

(参考)パラメーターの保存と読み込み

ピンバー判定条件

ピンバー判定条件

 一番上のライン上に記している、ピンバー実体位置%ピンバーヒゲ長:対実体倍数は、パラメーター名です。

30%、3倍は、それぞれのパラメーター初期値です。

 ピンバー実体位置%は、ローソク足全体を100%とし、実体部が全体の30%以下の場合を例としています。20、30、40、50と試行してみて、チャート上での見た目で30がいいと感じたので初期値としています。

25や35他、いろいろ試行されると自分なりの判断基準が完成すると思います。

 ピンバーヒゲ長:対実体倍数は、長い方のヒゲの長さが実体部の3倍以上あることを例としています。2、2.5、3、3.5、4と試行してみて、見た目から3が初期値としていいのでは?、と勝手に判断しています。

包み足条件

  • 下降判定
    • 1本前足:陽線、次足:陰線
    • 1本前足実体を次足実体が包む
    • 1本前安値>次足安値
  • 上昇判定
    • 1本前足:陰線、次足:陽線
    • 1本前足実体を次足実体が包む
    • 1本前高値<次足高値

 視覚で包み足に見えるがサインが出ない場合、目で判断できない違いがあります。例えば、下降判定時、1本前の終値=108.037、次足の始値=108.035とか。
この部分に判定余裕を持たせるかどうか・・・
今回は持たせていません。

はらみ足条件

  • 下降判定
    • 1本前足:陽線、次足:陰線
    • 1本前足高値安値内へ次足の高値安値が含まれる
      (1本前足の高値安値内へ次足がまるごと収まる)
  • 上昇判定
    • 1本前足:陰線、次足:陽線
    • 1本前足高値安値内へ次足の高値安値が含まれる
      ( 1本前足の高値安値内へ次足がまるごと収まる)

 実体はらみ足は、未考慮。

使 用 例

 事前アラート時、はらみ足(Inside Bar)、ローソク足確定時(Outside Bar)の例。事前アラート時とローソク足確定時で同じパターン例でなくてすみません。

事前アラート時、はらみ足(Inside Bar)
ローソク足確定時、包み足(Outside Bar)

通知例:アラートWindow、メール、プッシュ通知の順

 すべてのパターン例を載せるのは大変なので、一例を載せました。イメージはつかめると思います。使ってみて違和感を感じられた場合にはコメントください。

注 意 点

 事前アラート=true の場合、サイン条件に一致したときに視覚サイン(チャート内表示サイン)表示しますが、条件から外れると表示は消えます。

また、ピンバーサインが最初に出て、次に包み足サイン条件に一致した場合、ピンバーサインが表示された後に包み足サインが表示されます。

事前アラートは、Window、音、ともに最初のピンバー発生時のみです。

イラスト、PC

 ローソク足確定するまでは、ピンバーか包み足かはらみ足かは確定していないことにご注意ください。
また、複数のサインが発生した場合、それぞれ表示する仕様にしてありますので、サイン表示位置の調整が必要になる場合もあります。

hj_BB_Candle100 の今後

 多少ともご自分のルールを持っておられる方、ご自分でルールを確立できる方でないとお役に立たないかもしれないです。ダマシをどのように避けるか・・・

 さて、今後ですが、ボリンジャーバンド条件は外した方がいいような感じがしています。私なら水平線かトレンドラインの組み合わせ活用ですもんね。。。

イラスト、PC

でも、いまはローソク足だけでなんとかならないか、と試行錯誤中。

矢口新の短期トレード教室』、この書籍、大のお気に入りで、日足だったら毎朝ほんの少しの時間でトレードできそうなんです。

旅行中でも資金増やせるし、毎日好きなことができる、これってすごいことです。

 あと2点、、、まず、包み足、前足の終値と次足の始値を比較した場合、目で見たら包み足なのにほんの少し前足の終値が条件内にない場合、正確に数値で判断するか、それとも判断条件に余裕を持たせるか、今後の課題。

次にはらみ足、実体はらみを考慮するかしないか、これも今後の課題となりそうです。

ダウンロード

 改善点、追加点など、見つかりましたらコメントください。

スポンサーリンク
FX
老後安泰ストレスフリー、毎日笑顔でルンルン気分

コメント

  1. お世話になります。

    今回、包み足、はらみ足の対応有難うございます。

    お忙しいところ恐れ入りますが、一点、改善要望があります。

    包み足、はらみ足の判断基準についてですが、

    ピンバーのパラメーターで採用されている【ピンバー実体位置%とピンバーヒゲ長:対実体倍数】と同じようなパラメーターを、それぞれ実装して頂ければ、使い勝手が良くなるかと思います。

    2本を合成して、1本のピンバーとして見るイメージです。

    なお、個人的な意見にはなりますが、実体はらみ足、実体包み足も判断基準に加えていただければ嬉しく思います。

    是非、ご検討のほど、宜しくお願いいたします。

    • HappyJiJi HappyJiJi より:

      やはりきましたか ^_^
      けど、早かったですね。
      その速さに即応できないですが、待っててください。

      • 精神と時の部屋 より:

        お返事有難うございます。

        現状、jiji氏のピンバー通知のツールが非常に優秀で、出先ではこのツール無しではトレードが成立しなくなってます。

        ツールを製作できる手腕が、羨ましいかぎりです^^

        お忙しい中、ご要望の件、ご検討頂き有難うございます。

  2. 精神と時の部屋 より:

    JIJIさん、お久しぶりです。

    なんと、、、包み足の対応、有難うございます!!!!

    さっそく検証ツールでブン回します!気づいた点等含めて追ってご連絡いたします。