MT4インジケーターで指定できるサイン記号|Wingdings!

MT4利用、Wingdings

 MT4のインジケーターサインに表示できる記号とMT4指定コードの対応表、Wingdings コード表です。MT4のメタエディターのリファレンスから引っ張ってきました。この表の記号に該当する数値をMT4のインジケータープログラムで指定し、チャート上に表示させています。提供するインジケーターが Wingdings Code に対応している場合にご活用ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Wingdings コードの活用

 Wingdings コード、通常は頻繁に活用することはないと思います。
今後、当サイトで提供するインジケーターのサイン記号を変更できるようにしますので、該当パラメーターに使いたい記号に該当する数値をセットしてください。

なお、このコードの活用、不評でしたら途中で中止するかもしれません。

イラスト、PC

 Wingdings コードは、インジケーターにコード指定可能なパラメーターがないと利用できないので、このパラメーターがない場合、必要でしたらコメント等でご連絡ください。

MT4で Wingdings コードの確認方法

 必要になったときにこの記事を参考にしてください。
メタエディターを起動させることができる方は、以下の方法で Wingdings Code を確認できます。

①メタエディター(メタクォーツ言語エディタ)を起動

MT4、メタエディター起動

 ツールバー、新規注文と自動売買の間のボタンをクリック。ボタンにカーソルを持っていくと上の画像のように説明文が出ます。ご活用ください。

次の方法でも起動可能です。

  • MT4にフォーカスしているときに、F4 キーを押下
  • メニューバー:ツール(T) → メタエディター(E) とクリック

②メタエディターのヘルプ → MQLリファレンス

MT4、Wingdings

③MQL4 リファレンス Windowが起動

MT4、Wingdings

④MQL4 リファレンス Window のキーワードに『wing』と入力。wingdingsでもOk。

MT4、Wingdings

⑤Wingdings コード一覧表が表示されます。

MT4利用、Wingdings

対応インジケーターへのセット

 対応しているインジケーターには、Wingdings コードを指定するパラメーターがあります。一例はこんな感じ。。。

MT4、Wingdings

一度設定したパラメーターの保存

 一度設定したパラメーターを他のチャートで使いたい、など、同じパラメーターで利用したい場合、パラメーターを保存しておいて、必要なときに読み込むといいと思います。

詳細は、こちらの記事を参照ください。

MT4インジイケーター、EAのパラメーター保存

イラスト、PC

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク