WordPress機能向上プラグイン、Jetpack有効化!

Jetpack000

 ちまたで評判のJetpack、37個のモジュール(2016/11/11時点)が一度にダウンロードできて便利だと思ったのですが、多すぎ。結局、5つのモジュールを設定しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Jetpack ?

 WordPress使用上で役立つであろうとモジュールを一括ダウンロードでき、使用したいモジュールだけを選択して使用可能なプラグインです。

  • サイト表示高速化
  • 訪問者の統計情報管理
  • セキュリティ関係
  • 記事投稿を検索エンジンに通知
  • SNSと連携

等々、たくさんのモジュールがあります。2016/11/11時点で37個ありました。

こんなにたくさんのモジュールが無料です。^_^

 モジュール見てるとなんか重複した機能とかあるようで、案内文を読んで自分好みに仕上げていく必要があるようです。

Jetpackを探す

 WordPressのメニュー『プラグイン』の下位メニュー『新規追加』をクリック。3つの画面を紹介します。

pluginadd

Pluginadd

PlugInAdd

 どれか該当するでしょう ^_^

次にキーワードボックスへ『Jetpack』と入力すると出てきます。

Jetpack01

インストール時に画面コピーするの忘れ、有効化後の画面になってます。

なので、「有効」って表示になってます。

Jetpack有効化

今すぐインストールをクリック

Jetpack02

有効化をクリック

Jetpack03

すぐには使用できないですね。。。

Jetpack04

WordPressと連携』をクリック・・・変なのが出てきた。

Jetpack05

WordPressのID(Email)とパスワードを入力して、、、

Jetpack06

Approveをクリック。Approve、多分承認・・・

念のため、Chromeの変換機能を使うと、

Jetpack07

間違いない。。。

で、次に出現する画面は、人によって異なるかもしれません。

Jetpack08

無料選択』をクリック・・・END・・・

デフォルトで有効化されているモジュール

まずは、Jetpackプラグインの設定をクリック

Jetpack09

次のようなモジュール一覧が出てきます。

Jetpack10

Jetpack11

最初はこんな感じで結構有効化されているモジュールがあります。

有効化されたプラグインと同じようにモジュールの左橋に縦青線があるものが有効化されているモジュールです。

各モジュールの役割参照

Jetpack15

こんな感じでモジュール名をクリックすると、、、

Jetpack14

この説明文を読んで、有効化するか停止かを考えます。その他ネット上の情報も適当に参照し、有効化するか・停止するか、決めました。

不要なモジュールを停止

こんな感じでカーソルを各モジュール行の右端あたりに持っていくと、「停止」が出現。

Jetpack12

ここをクリックすれば、停止します。

Jetpack、有効化したモジュール

 このサイトの設定情報です。次の5つのモジュールを利用するようにしました。

  • Photon
  • サイト統計情報
  • プロテクト
  • 拡張配信
  • 購読

WordPressテーマ「Simplicty Ver.2」を利用させていただいてますので、ここで選定したモジュールはSimplicity使用が前提になってます。

それぞれの設定は次の通り。

Photon

 一言で表現すると「サイト表示高速化モジュール」と解釈しました。難しいことはどっかに飛ばしといて、異常が出たら無効にすればいいや、との考えです。

で、設定・・・有効化と停止しかありません。

有効化のみ・・・

サイト統計情報

 サイト訪問者の訪問状況を統計的に表示してくれます。WordPressの管理画面ですぐ見れるので便利といえば便利。

ここもデフォルトのまま・・・です。

設定画面はこんな感じ。

Jetpack23

設定自体は、簡単なので自分好みに設定すればいいです。

プロテクト

 名前の通り、セキュリティ対策モジュールです。

ここもデフォルトのまま・・・です。

設定画面はこんな感じ。

Jetpack24

IPアドレスを入力するとブロックしない、とのこと。今のところ、デフォルトでいい。

拡張配信

 記事投稿時に検索エンジンに通知してくれるモジュールです。 

有効化と停止の2択・・・有効化のみ。

購読

 ブログの購読者になる設定ができるのですが、当サイトではコメントの下に次の2つのチェックを入れるために利用しています。

有効化前

Jetpack19

有効化後

Jetpack20

設定はここ。デフォルトのままでよかった。^^

Jetpack25

その他

 Jetpack を使えばサイト表示速度向上、統計情報の表示、攻撃者からのサイトの保護、記事投稿の通知、ブログ購読設定等が可能です。

SNS関係では、パブリサイズ共有というfacebookやtwitterへ同時投稿してくれるモジュールもありますね。

Jetpackを利用する方は、案内文に目を通すことをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク