RSIラインクロス感知インジケーター|hj_RSIcross102!

 RSI、設定ラインタッチ、また、設定ラインクロス感知インジケーター。設定したラインをクロスアップ、クロスダウン時にサインを出すインジケーター『hj_RSIcross102』。

hj_RSIcross101の次バージョンですが、サイン出力仕様を変更しました。売られ過ぎ買われ過ぎ指標と言われているRSI、上下の設定ラインの内側をレンジ、外側をレンジ外と考え、レンジIN、レンジOUTでサイン色を設定。前バージョン Ver. 1.01 では、上側・下側ライン区別なく、ラインをクロスアップしたら赤系統、ラインをクロスダウンしたら青系統、という仕様にしていましたので、サイン出力の感じが異なります。

また、前バージョンでは、ラインのクロスアップのみ、クロスダウンのみの選択ができない仕様でしたが、上下ライン内へIN(レンジ)のみ、ライン外へOUT(レンジ外)のみ、の選択を可能にしました。

hj_RSIcross102 仕様

 前バージョン同様、レベル表示タブでのライン設定値の変更には未対応です。判定ライン値の変更は、パラメーターで指定してください。判定ラインに無関係のラインは、レベル表示タブでの設定、変更が可能です。

 レベル表示タブを開いたときに最初から表示されている70と30は、このインジケーターで設定した判定ラインのレベルです。

 このインジケーターでは、上下ライン内をレンジ領域、外をレンジ外領域と呼称区別しています。Ver. 1.02 の仕様概要、チャートを例に、、、

クロスサイン選択=HighLow Area IN OUT

クロスサイン選択=HighLow Area IN

レンジ外(HighLow Area)へ:OUT

クロスサイン選択=HighLow Area OUT

レンジ内へ:IN

 仕様を箇条書きで、

  • サイン発生条件:クロスサイン選択=HighLow Area IN
    • RSI ≧ UpLevel check-Line
    • RSI ≦ LowLevel Check-Line
  • サイン発生条件:クロスサイン選択=HighLow Area OUT
    • RSI ≦ UpLevel check-Line
    • RSI ≧ LowLevel Check-Line
  • サイン発生条件:クロスサイン選択=HighLow Area IN OUT
    • 前記2つの発生条件に相当した場合
  • 通 知
    • アラートWindow
    • アラート音:ファイル指定可
    • メール
    • プッシュ通知
    • チャート右端縦ライン出力
    • 画面背景色変更(足確定時)
  • サイン
    • 表示文字:Wingdings コード指定
    • レンジ領域、IN・OUT、個別色指定可
    • 大きさ指定可
    • 表示位置指定可
  • チャート右端縦ライン
    • 事前アラート色指定可
    • レンジ領域、IN・OUT、個別色指定可
    • ライン幅指定可

自分好みのパラメーターは、保存しておき、使用時に読み込むと便利。
パラメーターの保存と読み込み

パラメーター

  • アラートWindow表示
    • true:表示
    • false:非表示
  • アラート音
    • true:鳴る
    • false:鳴らない
  • アラート音ファイル
  • メールタイトル
    • メールのタイトル文章
    • お好みに変更可能
  • メール送信
    • true:送信する
    • false:送信しない
  • プッシュ通知
    • true:プッシュ通知する
    • false:プッシュ通知しない
  • RSI Period
    • RSI の期間
  • UpLevel check-Line
    • 上側クロス判定ライン
  • LowLevel check-Line
    • 下側クロス判定ライン
  • ckeck-Line COLOR
    • クロスチェックラインの色
  • クロスサイン選択
    • HighLow Area IN OUT:下記両方ともサイン
    • HighLow Area IN :RSI、レンジ領域外(上下ライン外)へクロスでサイン
    • HighLow Area OUT :RSI、レンジ領域内(上下ライン内)へクロスでサイン
  • 事前アラート音
    • true:RSI がチェックラインにタッチしたらアラート音、縦ライン表示
    • false:鳴らさない、縦ライン表示しない
  • 事前アラート音ファイル
  • RSI G.C. Wingdings Code
    • RSI がチェックラインをクロスアップした場合のサインを設定
    • デフォルト:108、●
    • 参考:Wingdings サイン記号
  • RSI D.C. Wingdings Code
    • RSI がチェックラインをクロスダウンした場合のサインを設定
    • デフォルト:108、●
    • 参考:Wingdings サイン記号
  • HighLow Area IN sign Color
    • RSIがレンジ領域外へ入ったときのサイン色
  • HighLow Area OUT sign Color
    • RSIがレンジ領域内へ入ったときのサイン色
  • 事前アラート縦ライン色
    • 事前アラートの縦ラインの色
  • サインの大きさ(整数)
    • 数値が大きくなるほどサインが大きくなる
  • サインの位置(pips)
    • サイン表示位置をローソク足から離す距離
  • チャート背景色サイン:ローソク足確定時
    • true:タッチ、クロス発生時にチャート背景色を変更する
    • false:変更しない
  • チャート背景色
    • 通常のチャート背景色を設定
  • サイン発生時 チャート背景色
    • サイン発生時のチャート背景色を設定
  • サイン発生時 縦ライン
    • true:チャート右端縦ラインを表示する
    • false:表示しない
  • 縦ラインの幅
    • 数値指定:大きくなるほど幅が広くなる

(参考)パラメーターの保存と読み込み

使 用 例

 クロスサイン選択=HighLow Area IN OUT で例を作成。

事前アラート後、条件不成立

事前アラート
事前アラート後、次のローソク足

事前アラート → 条件成立

事前アラート
ローソク足確定時、条件成立

通知例:アラート、メール、プッシュ通知の順

hj_RSIcross102 使用上の注意点

 上下ライン上で行ったり来たりしている場合、事前アラートを true にしておくと通知が多く届く場合があります。

また、 目視で見た場合、ラインをクロスしているかいないか、はっきりと認識できない場面も出てきます。行ったり来たりの状況下ではよく起こりうることなので、その点ご留意ください。

イラスト、PC

 ラインをクロスしていないのにサインが出る、というような問い合わせをしてくる方、少数ながらおいでます。
問い合わせをされる前に、その時点のRSIの値をしっかり確認してみてください。わかりづらかったらチャートを拡大表示してみるといいと思います。

もちろん、ほんとにラインクロスしていない場合が確認できましたら、修正とブログ報告します。

ダウンロード

 興味ある方は、こちらからダウンロードしてください。改善点など見つかりましたらコメントください。

スポンサーリンク
FX
老後安泰ストレスフリー、毎日笑顔でルンルン気分

コメント