MACD・シグナル、MACD・0ラインクロス、ヒストグラム反転通知インジケーターv102

MACD・シグナル、MACD・0ラインクロス、ヒストグラム反転通知インジケーターv102

 すみません。検証用のComment表示が残っていました。
2021/6/17 17:50以前にダウンロードされた方、再度ダウンロードして置き換えてください。お手数おかけし、申し訳ございません。

 MACD・シグナルクロス、MACD・0ラインクロス、ヒストグラム反転通知インジケーター『hj_MACDsign102

hj_MACDsign101 のバージョンアップ版。MACD2氏ご依頼のMACD・シグナルのクロスで事前の前通知が欲しい、に対応。MACDと0ラインのクロスも同様に通知するようにしました。

 また、ヒストグラムが反転しているのにサインが出ないバグフィックス、より正確にバー表示色を表示するようにしました。バー表示色については、同じ値が3つ以上続くと前バージョンと同じ症状が出る可能性があります。この確率、とても低いと思われますし、EA ではなくインジケーターであり、実取引に影響は出ないだろうと勝手に推察し、現仕様にしています。

 お気づきの点などございましたら、コメントください。また、他にも『なんかおかしい』って箇所、見つけましたらコメントください。

スポンサーリンク

hj_MACDsign102 仕様

緑色文字部分が変更点。

  • MACD条件
    • 短期MAタイプ選択
    • 短期MA期間設定
    • 長期MAタイプ選択
    • 長期MA期間設定
    • シグナルMAタイプ選択
    • シグナルMA期間設定
  • 通知条件
    • MACDとシグナルクロス
      • 0ラインより上でのクロス、下でのクロス選択可
      • 両者接近選択可
    • MACDと0ラインクロス
      • 両者接近通知選択可
    • ヒストグラム反転、MACDが設定値ブレイク
      • 上昇判定:ヒストグラム上昇反転時、MACD≦設定値
      • 下降判定:ヒストグラム下降反転時、MACD≧設定値
  • 通知種類:以下三択
    • 事前
    • 確定
    • 事前+確定
    • 通知なし
  • 通知方法
    • アラートWindow
    • アラート:回数指定
    • メール
    • プッシュ通知
  • チャート内表示
    • メインチャートへのサイン表示
      • サイン形状設定(Wingdings コード)
      • 色・大きさ・位置指定
    • チャート右端縦ライン
      • 色・幅指定

パラメーター

MACD・シグナル、MACD・0ラインクロス、ヒストグラム反転通知インジケーターv102|パラメーター

 緑色文字箇所:変更点

  • 通知選択:以下四択
    • 事前
    • 確定
    • 事前+確定
    • 接近
    • 通知なし
  • アラートWindow表示
    • true:アラートWindowを表示する
    • false:表示しない
  • アラート音
    • true:アラート音を鳴らす
    • false:鳴らさない
  • アラート音ファイル
  • タッチアラート音ファイル
    • アラート音のファイル名を設定
  • アラート回数
    • アラート音の回数を設定
    • アラートWindow=true の場合、アラートWindow音・1回、ファイル設定したアラート音:アラート回数-1回
  • メールタイトル 
    • メールのタイトル文字列を設定
  • メール送信
    • true:メール送信する
    • false:メール送信しない
  • プッシュ通知
  • ーーーーー
  • 短期MA Type、長期MA Type、シグナルMA Type
    • Simple
    • Exponential
    • Smoothed
    • Linear weighted から選択
  • 短期MA Period、長期MA Period、シグナルMA Period
    • それぞれ期間を設定可能
  • 短期 MA Price、長期 MA Price
    • CLOSE
    • OPEN
    • HIGH
    • LOW
    • MEDIAN
    • TYPICAL
    • WEIGHTED
  • ーーーーー
  • MACD & Signal クロスサイン
    • true:MACDとシグナルのクロスサイン表示
    • false:非表示
  • クロス位置条件:以下三択
    • 0より上でクロス
    • 0より下でクロス
    • 条件なし
  • 接近判断値
    • セットした数値以内に接近すると通知
  • G.C. Wingdings Code
  • D.C. Wingdings Code
  • G.C. Sign Color
    • クロスアップ記号のサイン色設定
  • D.C. Sign Color
    • クロスダウン記号のサイン色設定
  • サインの大きさ(整数)
    • 数値が大きいほどサイン大
  • サイン位置(pips)
    • サイン表示位置、ローソク足から離れる幅
    • 上昇サイン時:Low-サイン位置
    • 下降サイン時:High+サイン位置
    • サインの大きさは、未考慮
  • -----
  • MACD & 0 クロスサイン
    サイン表示
    • true:MACDと0ラインのクロスサイン表示
    • false:非表示
  • 接近判断値
    • セットした数値以内に接近すると通知
  • CrossUp Sign Wingdings Code ~ サイン位置(pips)
    • 前記、MACD & Signal クロスサイン と同様
  • -----
  • MACDラインブレイク+ヒストグラム反転
    • true:MACDラインブレイク+ヒストグラム反転時にサイン表示
    • false:非表示
  • MACDブレイク判定ライン
    • ブレイク判定ライン値を入力
    • マイナス値は不要。自動でマイナス付加
  • ライン色
    • MACDブレイク判定ラインの色設定
  • 上方反転Wingdings Code ~ サイン位置(pips)
    • 前記、MACD & Signal クロスサイン と同様
  • -----
  • サイン発生時 縦ライン
    • true:縦ラインを表示
    • false:非表示
  • 事前アラートサイン色
    • 事前アラート時の縦ライン色
  • 上方向サイン色
    • 上方向反転時の縦ライン色を設定
  • 下方向サイン色
    • 下方向反転時の縦ライン色を設定
  • 縦ラインの幅
    • 数値が大きくなるほど幅が広くなる

参考:パラメーターの保存と読み込み

 ライン、ヒストグラムの色は、色の設定タブで変更してください。

MACD・シグナル、MACD・0ラインクロス、ヒストグラム反転通知インジケーターv102|パラメーターカラー設定

使用例

チャート事例

通知選択:接近 選択例

hj_MACDsign102、接近通知選択例

MACDとシグナルクロス

hj_MACDsign102、MACDとシグナルクロス|事前通知
事前通知
hj_MACDsign102、MACDとシグナルクロス|確定通知
確定通知

MACDと0ラインクロス

hj_MACDsign102、MACDと0ラインクロス|事前通知
事前通知
hj_MACDsign102、MACDと0ラインクロス|確定通知
確定通知

ヒストグラム反転

hj_MACDsign102、ヒストグラム反転|事前通知
事前通知
hj_MACDsign102、ヒストグラム反転|確定通知
確定通知

MACDとシグナルの接近

hj_MACDsign102、MACDとシグナル接近通知

MACDと0ライン接近

hj_MACDsign102、MACDと0ライン接近通知

動画事例

 インジケーターセット~各シグナル通知:事前・確定・事前+確定~接近の事例

ヒストグラム反転では、事前通知が3回連続で発生しています。バグではありません。

パラメーターデフォルト状態での動作を早送りで。

使用上の注意点

複数表示について

 そのままでも適応可能にしたつもりですが、どのインジケーターからの通知かを判断するためにも前バージョンと同じ操作、メールタイトルでの区分をオススメします。

 前バージョン、hj_MACDsign101 も参照してください。

事前通知、接近通知(事前の事前通知)について

 連続して2回、また、それ以上複数回通知する場面もあります。

判断する数値、特にMACD値になりますと小数点以下の小さな値間での比較になりますので、前足が条件外、現足が条件内という現象が繰り返される場面が生じるときがあります。

バグではありません。でも、なんかオカシイと感じた際には、その旨、コメントください。

 あと、気になってるのが、接近通知の役割。活用する時間足との兼ね合いがあると思いますが、MACDの設定値を変更することで対応可能かどうかを把握しておくといいと思います。

hj_MACDcrossシリーズとの差について

 簡単にしよう、また、プログラムを組み直そうと考えて、hj_MACDcross → hj_MACDsign に移行しようと考えています。

両者の違いは、MACDとシグナルクロス位置判定ラインの有無、また、ヒストグラム反転判断ライン値を上下同値設定か個別設定か、の二点です。

この二点、必要とされてる方はおいでますでしょうか?

また、このインジケーター、

  • MACDとシグナルクロス通知
  • MACDと0ラインクロス通知
  • ヒストグラム反転通知

の3つに分けた方が使い勝手がいいように思います。
将来的には、分けようかと思っています。
発展的ご意見いただければ幸いです。

ダウンロード

コメント

  1. MACD2 より:

    HappyJiJiさん、
    とてもお忙しい中、対応していただきありがとうございます。

    早速、『hj_MACDsign102』を試してみました。

    MACDクロスの一つ前に矢印が付くようにしたいのですが、
    接近判断値をいくらにすればいいのか分からないです。

    いろんな数値を試しましたが、どれもクロスと同じ位置に矢印が付きます。

    MACDクロスの一つ前に矢印が付くようにしたい場合、
    接近判断値は、いくらにするのがベターでしょうか?

    ーーー

    MACDラインブレイク+ヒストグラム反転の数値も、
    いくらにしたらいいのか分からず、ヒスト反転は『hj_MACDcross106』を使っています。

    > 簡単にしよう、また、プログラムを組み直そうと考えて、hj_MACDcross → hj_MACDsign に移行しようと考えています。
    とのことですが、
    『hj_MACDcross106』のシンプルなヒストグラム反転サインは、残っててほしいと思います。

    ただ、これもバグで表示されない箇所があったりで、
    プログラミングも難しいんだなぁ、という印象です。

    ーーー

    可能なのかはわからないですが、
    hj_MACDcrossとhj_MACDsignを一緒にしたらどうかなと思ったりします。

    機能同士が被ったりする場合でも、インジケーターの複数使用が可能であれば問題ないと思います。

    これは、使わない機能はfalseにしておけばいいと私が思うだけで、
    機能が多いと煩わしいと思う方には不向きかもしれませんが・・・。

    それか、MACDのインジケーターでも、
    MACD・シグナルに関する機能のインジケーター。
    ヒストグラムに関する機能のインジケーター。
    と分けるというのも思いつきました。

    ひとつの基準が決まれば、他の種類のインジケーターにも合わせられるため、
    もっと素晴らしいインジケーターができそうですね!

    • HappyJiJi HappyJiJi より:

      MACD2 さん、
      矢印は難しいですね。
      現バージョンには矢印表示は含めておりません。
      チャート端縦ライン表示のみです。

      私の感じているあなたの通知タイミングでは、直前通知と位置が同じになります。
      まさか、事前通知の前のローソク足で通知してほしい、とか、ではありませんよね?

      hj_MACDcross106 との差、有意性をあまり感じないので、記事のように発言しました。
      シンプルなヒストグラム反転通知への hj_MACDsign102 で対応はできないですが、MACD ブレイク判定ラインを 0.0 にするとMACDラインが0以下でヒストグラム反転、0以上でヒストグラム反転通知は可能です。
      MACDライン無関係にヒストグラム反転通知が欲しいのであれば、この点からもインジケーターを分けて作成した方が利用者の利便性が向上すると思いますし、私の今後の管理も楽になりそうです。

      • MACD2 より:

        HappyJiJiさん、返信ありがとうございます。

        MACD&Signalクロスの欄の接近判断値を設定すると、
        それにかかったローソク足に矢印が付くのではないのですね。

        MACD&Signalクロスの矢印がついて、
        接近判断値で縦ラインが付くということ。
        今、理解できました。ありがとうございます。