70tick chart(70ティックチャート)表示|OANDAでトレード?

TickChart-OANDA

 70tick chart(70ティックチャート)での取引が気になってチャートに表示して1日眺めてみました。5tickと70tickを眺めてたのですが、5分足が自分には向ているような・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

tick chartインジケータ入手

 70ティックチャートでの取引といえば、ボブ・ボルマン氏の「FXスキャルピング」って本が有名ですね。この本、前々から気になってたけど、まだ買っていません。

そんなことを思いながらネットサーフィンしていて「70tick chart」の文字が出てきたので、関係情報をサーチ。

OANDAに無料プレゼントのtick chartインジケータがある、という情報に到達。

早速、「oanda tick chart」でGoogle検索

tick-chart

トップに出てきた。ここをクリックすると、次のようなキャンペーン情報が出てきます。

tick-chart

この下の方に「ティックチャート(tick chart)」があります。

tick-chart

詳しくはこちら、をクリック。

tick-chart

条件が・・・「本番口座でのみ動く」とのこと。

ダウンロードURL、「こちらからダウンロードください。」のこちらをクリックしてダウンロード終了。

tick chart

 なお、インジケーター仕様欄のマニュアルは、一通り目を通してます。

tick chart表示

 ダウンロードしたtick chartインジケーター「TickChart.ex4」をMT4にインストール。

日ごろからMT4を活用されてる方には簡単だと思いますが、インストール方法がわからない方は、上記マニュアルを参照、または過去記事「 MT4インジケーターのインストール方法 」を参照してください。

 インジケーターインストール後、MT4の再起動が必要です。

再起動後、ナビゲータを見ると、正常にTickChartがインストールされていることが確認できます。

USDJPYチャート1分足を表示させ、TickChartインジケーターをセット。

上のチャートが5tick、下が70tickです。Gridは消してローソク足のサイズも小さくしています。また、ローソク足の色も自分好みに変更しています。

tick chart

 黒バック、見えにくいかも・・・白バックにすると文字色他、設定が面倒なのでご容赦ください。

眺めていたのは、こんな感じ。ティックチャートは、上が5ティック、下が70ティック。その下側に、USDJPYの5分足と1時間足を載せました。

tick chart

tick chart

自分のPC上では、この二種類のチャートは左右に並んでいます。

眺めてみて

 ティックチャートって押し目がわかりやすいですね。もちろん戻しも。5ティックよりも70ティックの方がエントリーしやすいと感じたのですが、この70ティックの足の完成を待つのが結構つらい・・・

時間足だったら、時間単位でみればいいし、インジケーターのサインで音ならせば楽ちんなんですが・・・

イラスト、PC

 このティックチャートって、移動平均線の追加他、他のインジケーターが使えないです。

また、ティックチャートインジケーターは、プロパティや時間軸を変更したりすると、初期状態に戻り、1本目から再表示となります。で、また長いこと待つことになります。

 個人的には、チャートとずっとにらめっこはツライ・・・私には合わないかも・・・

5分足や15分足でサイン出たときにティックチャートを見るのがいいかもしれません。

表示変更には注意が必要ですし、MT4起動直後では1本目のティック足が形成中です。

なので、ティックチャートが状況判断できる状態になるまで時間がかかります・・・

 OANDAのティックチャート(TickChart)試したい方は、OANDAのサイトに飛んでください。

「OANDA MetaTrader4」

本番口座のみで動きます。1,000通貨単位で取引可能なので、試すにはいいかも、です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク