ラインブレイクエントリーとエグジット|ブレークイーブン・停止EA

 ラインブレイクエントリー・エグジット、利確・損切 pips指定、定幅トレーリングストップとブレークイーブン、EAエントリー前ストップ(EA約定前停止)に対応したMT4のEA、Experts Advisor 『hjEA_LineEntryExit100

ブログ読者の方々からのご提案と自分なりの使い勝手の良さを組み合わせて作成。エントリーはラインブレイク、エグジットはラインとpips指定、定幅のトレーリングストップ。

 EAの条件表示と含み損益を表示。EAの条件表示はボタンで表示・非表示を切り替えられます。
ライン、利確・損切pips指定では、ストップレベル以下でのエグジットが可能です。

チャート内表記で、利食いとなってる部分、検証途中で利確に変更しています。
また、ストップレベルも途中追加しましたので、事例チャートの表記が異なる部分がありますこと、ご了承ください。

 現在、決済できない、との異常連絡を受けています。再確認しまして、報告します。

(報告)ストップロスのみセットした場合、決済しません。仕様は、ストップロスとテイクプロフィットの両方をセットした場合に決済。当方の想定外のことでしたので、次バージョンで対処しました。

使用上の注意点

 このEAは、ひとつのチャートでの裁量トレードを想定しています。

MT4の自動売買ボタンを操作しますので、他のEAが動作していた場合、そのEAも停止します。他のEAと組み合わせて使用せず、単体で使用してください。

トレード勉強用として活用していただき、ここから実戦用に発展させていければ、と考えています。

 hjEA_LineBreak107のように、EA停止・稼働をEA単体で行えるようにするかどうか、今後のご意見を参考に進めます。

hjEA_LineEntryExit100 仕様

  • エントリー
    • 水平ラインとトレンドライン
      • ライン名称指定
      • Long・short 個別指定
  • エグジット
    • 水平ラインとトレンドライン
      • ライン名指定
      • Long・short 個別指定
    • pips指定:利確・損切、整数値セット
    • トレーリングストップ:定幅pips、整数値セット
    • 手動(MT4標準活用)
  • ブレークイーブン
    • 設定ラインをブレイクしたらストップロスを約定値に移動
  • EA約定前停止
    • 約定前に設定ラインをブレイクしたらEAを停止
  • 含み損益を表示
  • EAの条件、表示・非表示切替
    • チャート右下、info ボタンクリックで表示・非表示を切替
    • 条件値がない、また異常値の場合、ーーー と表示

パラメーター

ラインブレイクエントリー・エグジットEAパラメーター
  • アラートWindow
    • true:アラートWindow表示
    • false:表示しない
  • アラート
    • true:アラート鳴らす
    • false:鳴らさない
  • アラート音ファイル名
    • アラートの音ファイルをセット
    • アラートWindow = true の場合、アラートWindow音優先
  • メールタイトル
    • メール受信時のタイトル表示設定
  • メール
    • true:メール送信する
    • false:送信しない
  • プッシュ通知
    • true:プッシュ通知する
    • false:通知しない
  • 決済選択方法:3つから選択
    • ライン
    • pips 指定
    • トレーリングストップ
  • 取引ロット数:取引するロット数をセット
  • マジックNo.
    • このEAでエントリー・エグジットするポジションを指定
    • 他のEAとNo.区別必須
  • ラインタッチでエントリー
    • true:価格が設定ラインにタッチしたらエントリー
    • false:価格が終値で設定ラインをブレイクしていたらエントリー
  • ラインタッチで決済
    • true:価格が設定ラインにタッチしたらエグジット
    • false:価格が終値で設定ラインをブレイクしていたらエグジット
  • ロングエントリーライン名~EA停止ライン
    • 各ラインの名前をセット
    • 同じ名前は不可
  • 損切 pips:決済方法選択=pips 指定時
    • 損切値(ストップロス値)をセット
    • 1以上の整数値をセット
    • 0:損切しない(エグジットしない)
  • 利確 pips :決済方法選択=pips 指定時
    • 利確値(テイクプロフィット値)をセット
    • 1以上の整数値をセット
    • 0:利確しない(エグジットしない)
  • トレーリングストップ pips:決済方法選択 = トレーリングストップ時
    • トレーリングストップ値をセット
    • 1以上の整数値をセット
    • 0:機能しない
  • <含み損益表示>
    • タイトル色:タイトル「含み損益」の文字色
    • プラス色:含み損益プラス時の文字色
    • マイナス色:含み損益マイナス時の文字色
  • <Information LABEL>
    • 区分テキスト色:条件項目の文字色
    • 値テキスト色:条件値の文字色
    • 表示基準位置:右上、左上を選択

 パラメーター設定は保存しておくと同じ条件で活用する時に再セットしなくてもいいので便利。(参考)パラメーターの保存と読み込み

使 用 例

 必ず、ご自分の活用方法で正常に動作することを確認後にリアル口座へ移行してくださいね。特にテイクププロフィットとストップロス(利確と損切)の意味やEAの動作がわかっていないと使いこなせないので、事前のデモ練習は必ず実行してください。

 ロングとショート、両方のエントリーラインをセットした場合、早く条件を満たした方だけエントリーします。ポジションは一つだけ持ちます。

 また、事例チャートは、事例用に適当にライン引いていますので、決して取引の参考にしないでくださいね。

EAの稼働と停止

 EA 稼働中は、チャート右上顔マークがニコニコになってます。

 このマークの口がへの字だと停止中です。

  EA 稼働・停止は、ツールバーの自動売買ボタンのクリックで切り替えられます。

 このボタンがない、また、ツールバーがない場合、メニューバーの表示(V)を確認してください。ツールバー(b)の標準(S)にチェックが入っていると表示されます。

稼働中のEAは、エグジットすると停止します。手動でポジションをクローズした場合にもEAは停止します。

再稼働するには、ツールバーの自動売買ボタンをクリックしてください。

EA が稼働しない場合のチェック個所

 次の2ヶ所をチェックしてください。

(1)パラメーター設定Window、全般タブ
 自動売買を許可する、にチェックする。

(2)メニューバー:ツール(T) → エキスパートアドバイザタブ
 自動売買を許可する、にチェックする。
 その下の口座が変更されたら~、と、プロファイルが変更されたら~、の2つにもチェックが入っていることを確認する。

 画像と同じようにセットするといいです。

イラスト、PC

EA 条件の表示・非表示

 チャート右下の info ボタン のクリックで表示と非表示が切り替わります。

決済方法選択=ライン

 ロングエントリー例:エントリーと利確・損切ライン、3本をセット。

エントリー

ストップロス(損切)にかかる。

決済方法選択= pips 指定

 事例チャートは、損切・利確 pips、それぞれ3pipsです。エントリーラインには、ロングとショート、両方をセット。

 エントリー

 ストップロス(損切)にかかる。

決済方法選択=トレーリングストップ

 普通は考えられないpipsでトレーリングストップをセットしています。確固たる根拠がない場合には絶対にマネしないでください。ご自分のルールを遵守です。

ラインブレイクエントリー、エグジット、トレーリングストップ

エントリー

 トレーリングストップ稼働

 ストップにかかる。。。

 トレーリングストップでの注意点は、エントリー直後にストップラインが引かれていないこと。エントリー後、自分でストップロスを設定すべきだが、選択の自由とした。

また、FX業者独自のストップレベルにも注意。ストップレベル以下のトレーリングストップ値だと正常に動作しない可能性が大。

EA ストップ

 エントリー前にこのラインを越えたらEAを停止する、という機能。

ラインブレイクエントリー、エグジット、エントリー前EA停止ライン

 ロングエントリー前にEA stopラインをブレイク:EA 停止。

ブレークイーブン

 ブレークイーブンラインを越えることで、ストップロスを約定値にセットする機能。

 トレーリングストップ同様、FX業者独自のストップレベルに注意。ストップレベルより狭いブレークイーブンラインを設定した場合には注意表記されるので、参考にしてください。

ラインブレイクエントリー、エグジット、ブレークイーブン

 事例作成中なので、T/Pまで待たず、エグジット。このEAでエントリーしたポジションのクローズでは、獲得pips数が表示、またメール・プッシュ通知受信できます。

以下、一例・・・

エントリーのみ

 ロングエントリーライン、ショートエントリーラインのみセットするとエントリーのみ実行します。

エグジットを手動で実施、または、とりあえずエントリーしといて、あとでエグジットをじっくり考える場合に試してください。

利確と損切を間違えないようにセットするとEAでのエグジットが可能です。

上の事例チャートで ショートが約定した事例です。

受信メールとプッシュ通知例

 一例を表示。使っててもっといい案内文があれば、コメントください。

 受信メール例

ラインブレイクエントリーとエグジット、メール通知

 プッシュ通知受信例

ラインブレイクエントリーとエグジット、プッシュ通知

ダウンロード

 期待する動作をしない場合や仕様変更・追加・削除案など見つかりましたら、コメントください。

 作成途中でいろいろな新規課題にぶつかり、公開が遅くなりました。能力不足な点、少しは向上しました。いろいろな課題をコメントくださった方々、ありがとうございました。今後、同様の仕様で苦労することはないと思いますが、現時点で悩んでいるのが、時間軸変更ボタンクリックを検出する方法です。

この点、解決しましたら順に水平展開していきたいと思っていますが、まったく前が見えていませんので、長い目で見てくださいね。^_^

イラスト、温泉
スポンサーリンク
FX
老後安泰ストレスフリー、毎日笑顔でルンルン気分

コメント