FX攻略.com2018年2月号|トレードはシナリオが9割!

FX攻略.com2018年2月号

 定期購読誌『FX攻略.com』、2018年2月号。表紙には、トレードはシナリオが9割、本命波に乗るアイディア集、と。。。

今月号は、誰でもわかる買い合図が・・・小林良治氏とマックス岩本氏が登場。小林氏の記事、かなり実戦向きだと思います。。。私のルールとても似てたりして・・・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

巻頭特集、誰でもわかる買い合図

 本命波に乗るシナリオ作り。気になります。本命波・・・

損小利大かつ高勝率の売買シナリオを作る:小林良治氏

FX攻略201802-小林良治

 日足・4時間足・1時間足で環境分析して。15分足でエントリータイミングをはかる方法。

使用するテクニカルはボリンジャーバンドとのことですが、ダウ理論に基づいた水平線とトレンドラインが引ける方でしたら、即実践OKだと感じました。

 私自身、書籍やネットなどたくさんの方々の情報から行き着いている手法のひとつがとても似てます(ほぼ同じかも)ので、自分の手法に自信を持つことにつながりました。

私だけでなく、たくさんの方がこれに近いルールをお持ちではないかと思います。

イラスト、PC

 この手法、ダウ理論が理解できているかどうかで結果に差が出てくると思いますので、まずはチャレンジ、でしょうか。。。

また、損切・利確も、読んでいただくと簡単に理解できると思います。

押し目買い/戻り売りのかんたんデイトレード:マックス岩本氏

FX攻略201802-マックス岩本

 日足ベースの抵抗を利用したトレンドフォロー、とのこと。使うテクニカルはスローストキャスティクス、トレード時間足は5分足。

日足の高値・安値は、抵抗として機能しやすいことを利用。抵抗近辺でのエントリータイミングをスローストキャスティクスではかる手法。

詳細な判断数値やその根拠は読んでいただくとして、勝率を経験してみたい感じはします。

 基本的な考え方は、多くの方々が実践している、『上位足の抵抗個所近辺で下位足で取引』ということでした。

書籍情報

FX攻略.com2018年2月号

目 次

FX攻略.com2018年2月号

FX攻略.com2018年2月号

気になった記事

FXレバレッジ10倍規制案の現在地

 記事としては2ページと、とても少ないですが、要点はわかります。より詳細情報を得たい方には、FX攻略.com公式サイトの案内があります。

レバレッジが10倍になったらこんな悪影響が!

  • スキャルピングなど短期トレードに大打撃
  • 参入ハードルが上がりFX人口が激減する
  • 従来のレバレッジを求め海外業者の利用者が増える?
  • リピート系自動売買の資金効率が悪化する

以上4点を代表的な悪影響として説明があります。

イラスト、PC

マックス岩本のボリンジャーバンドを理解する、その4

 ボリンジャーバンドで分析する際、注目すべき3つのポイント

  • マーケットの方向性
  • バンド幅からみるボラティリティ
  • 相対的な価格の高さ

について、説明があります。

特に注目すべき、スクイーズとポージ、エクスパンションの解説はわかりやすいと思います。

私にとって勝ちやすい相場・勝ちにくい相場:もってぃー氏

 勝ちやすい相場、根拠のあるトレンド相場。

上位時間足の節目近辺で下位足、1分や5分足で形成されていくトレンドに乗る一事例の説明があります。日ごろから上位足の節目での反転やブレイクなどを下位足で狙ってる方々でないと理解するのは難しいかもしれません。

ケッティーのテクニカル虎の巻

 第12回転換手法の逃げを考える

 Wトップ、Wボトムエントリーは、損切の嵐状態になる可能性を秘めている手法。

損切を小さくするための早期撤退方法について説明があります。エントリーの根拠を失ったら即逃げ。

その逃げのポイントを3つ教えてくれます。最初の逃げのポイントは、私なら持ってるなぁって思いました。ケッティーさんの方が上手です。

イラスト、PC

エリア手法の極意、実践編:FXプランナー

 第7回エントリーの前後にすべきこと

 エントリーポイントとロスカットラインを決めたら腹をくくる。この腹をくくることの大事さ、そして、エントリー後、腹をくくっていても逃げを考える場面の考え方について書いてくれています。

ルール作りには参考になるように思います。

イラスト、コーヒー

この月刊誌に興味ある方は、本屋さんに直行、またはこちらからどうぞ^_^

FX攻略.com、FX情報専門誌

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク