時間帯ブレイクオーダーEA|時間帯高値・安値に予約注文

時間帯ブレイクオーダーEA|hjFetheEA_TimeZoneBreak

 読者の方のご提案、時間帯をセットし、その時間帯終了時間に時間帯高値にBUY待機オーダー、安値にSELL待機オーダー。

同時に時間帯の価格幅に対する比率でリミットとストップをセットするEA|hjFetheEA_TimeZoneBreak

時間帯をブレイクしたら待機注文を出すEAです。エントリーしてポジションを保有するのではありません。

スポンサーリンク

履歴

Ver. 1.00

初版。

hjFetheEA_TimeZoneBreak 仕様

  • セットした時間帯終了時間に、待機注文オーダー
    • 待機注文価格:時間帯の高値・安値
  • 同時にリミットとストップをオーダー
    • ストップ、リミット価格:時間帯価格幅に対する比率で決定
    • 例(TP Ratio, SL Ratio)
      • 1.0 :高値-安値と同価格幅
      • 0.5 :(高値-安値)/2 と同価格幅
  • Cancel Hour になると、ポジションクローズし、待機注文も削除
    • End Hour 移行、翌朝 Start Hour 間でセット
    • 翌朝のオープン時にセット(依頼者)
      デフォルトは勝手に6時にしています。
  • アラート
    • トレードが許可されていない場合
    • Cancel Hour が Start Hour と End Hour 間にセットされてる場合
    • Start Hour より End Hour の数値が小さい場合

Lots にマイナス指定した場合他、上記3つのアラート以外はアラートWindow表示をするようにプログラミングしていません。

パラメーター

時間帯ブレイクオーダー、パラメーター
  • Magic No
    • このEAで注文した待機注文、約定したポジションであることを他のEAと識別するためのNo
  • Lots
    • オーダーするロット数
  • Start Hour
    • 時間帯の開始時間を指定
  • End Hour
    • 時間帯の終了時間を指定
  • Cancel Hour
    • 待機注文削除、ポジションクローズする時間をセット
  • TP Ratio
    • 時間帯の価格幅に対する比率をセット
    • この比率がリミット価格につながる
    • 例(BUY)
      • TP Ratio=1.0、時間帯価格幅=100円
      • TP 価格は、+100円
  • SL Ratio
    • 時間帯の価格幅に対する比率をセット
    • この比率がストップ価格につながる
    • 例(BUY)
      • SL Ratio=0.5、時間帯価格幅=100円
      • SL 価格は、-50円

使用例

 本EAはパラメーターをセットするだけなので、以下の事例は、使用例といいますか、動作事例の方が合ってる感じ。

チャート事例

アラート事例のひとつ:トレードが許可されていない

時間帯ブレイクオーダー、アラート事例

ストップレベルの関係で、BUYオーダーが遅れる例

時間帯ブレイクオーダー、オーダー時BUY:ストップレベル内未オーダー
時間帯ブレイクオーダー、オーダー時BUY:ストップレベル外となりオーダー
時間帯ブレイクオーダー、Cancel Hour 前
時間帯ブレイクオーダー、Cancel Hour 後

ストラテジーテスター条件

時間帯ブレイクオーダー、ストラテジーテスター条件
時間帯ブレイクオーダー、ストラテジーテスター実行中

動画事例

市場オープン時実行例

 動作確認用にパラメーターをセット

  • Start Hour:8
  • End Hour:18
  • Cancel Hour:19

ストラテジーテスター実行例

  • Start Hour:8
  • End Hour:17
  • Cancel Hour:6

今 後

 仕様と異なる動作を見つけた場合、修正します。

コメント