フィボナッチエクスパンション指値利食いに使える?

フィボナッチエクスパンション利食い

 上位足高優位方向へ下位足でエントリーの検証中、押しや戻しの到達値を予測できないか、と試しにあてはめてみました。

なんか、今日だけかもしれませんが、フィボナッチエクスパンションの161.8が結構いい感じの利食い値になってるんです。

 5分足をエントリーチャートとした場合、節目は日足・4時間足・1時間足で水平線を引きます。

多くの場合、2つ発注し、この節目を利食い目標値にした指値注文と5〜20pipsをT/P注文しています。ここにプラスしてもいいような・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィボナッチエクスパンション適用例

 チャートは、上:5分足、下:1時間足です。

1)GBPJPY

フィボナッチエクスパンション利食い

2)USDJPY

フィボナッチエクスパンション利食い

3)EURUSD

フィボナッチエクスパンション利食い

 上位足の節目手前にフィボナッチエクスパンションの161.8が・・・こんなとき損した、と思わないようにしないと聖杯探しにいってしまいます。

フィボナッチエクスパンションの検証?

 フィボナッチエクスパンションによる利食い指値設定、気になるので今後も検証してみようと思います。

少ない通貨量で継続して検証していくと、合う・合わないがより明確になっていくと思います。自分でやってみないといけないですもんね。

一例ですが、資金管理上、1万通貨まで取引できるとして、、、

  • 5000通貨:節目、指値
  • 4000通貨:T/P指定
  • 1000通貨:フィボナッチエクスパンション161.8指値

ってやってみようか、と。。。

イラスト、PC

あと、チャートを見ていられた場合、裁量決済(トレンドライン割れ、節目直前反転、嫌な予感)もあるので、記録が大切になってきますね。

 この例は、5分足や15分足の場合です。スイングの場合は、アダムセオリー、ダウ理論S/L追従がメリット大です。特に4時間足はメリット大。

アダムセオリー情報は、過去記事をどうぞ ^_^

アダムセオリーって本、老後安泰投資生活にいいかも!

あとがき

 またまた、変なの?に気づいてしまった・・・上手な方はうまく使いこなせているでしょうし、フィボナッチエクスパンション使わないでもいい、って考え方もあるでしょう。

指値入れて、パソコン前から離れることができるのは大きな魅力です。

私のサイト情報がきっかけで、いろんな情報交換ができるようになればいいなって思います。

私自身も助けていただけるし。甘い考えかなぁ。

いろいろな意見交換ができる掲示板サイトを立ち上げようかなぁ・・・

イラスト、PC

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク