CCFpが動かない|通貨ペア名変更で通貨強弱インジケーター稼動!

CCFp

 通貨強弱表示インジケーター、CCFp、動作せず。。。同類のインジケーターKu-chartZ7と同様、CCFpもMT4のインジケーターフォルダにコピーしただけでは表示してくれませんでした。

で、CCFp.mq4の中身をみて・・・案の定、通貨ペア名がFX業者に合っていないことがわかりました。

この手の通貨強弱表示インジケーターは、プログラムの中で通貨ペア名が指定されているので、この通貨ペア名を取引しているFX業者に合わせないといけないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

CCFp通貨名変更点

 次の赤矢印部分は、ダウンロードファイルでは通貨名だけ『EURUSD』となっています。ここを取引しているFX業者の通貨ペア名にすればOK。

修正箇所は、左端に表示されている行数を参照してください。

次の画像の例は、OANDAの場合です。

OANDAで契約している口座では、通貨ペア名の後に『-a01』がつきますので、通貨ペアの最後に -a01 を追加しています。

CCFp

 画像では、EURUSD、GBPUSD、AUDUSDの3つが表示されていますが、その下にNZDUSD、USDCAD、USDCHF、USDJPYがあります。

すべて変更し、コンパイルします。

FX業者の通貨名の調べ方

 FX業者の通貨ペア名の調べ方は2つ。気配値表示表、またはチャートの左肩に表示されています。3社紹介します。FXTFは、デモ口座なので、本番口座だと異なるかもしれません。

<OANDA>

気配値表示

CCFp

チャート左肩

CCFp

 あと2社の気配値表示です。

<FXTF>

CCFp

<XM>

CCFp

 契約している口座で通貨ペア名は異なりますので、気配値表示で確認するといいです。

CCFpチャート表示

 正常にコンパイルが終了すると、こんな感じで表示されます。

CCFp

カーソルを知りたいラインに持っていくと、通貨名がわかります。

カーソルをコピーできなかったので、赤矢印を後で追加しています。実際とは若干の差があることをご了承ください。

 このCCFp、日足や4時間足で確認して、通貨ペアを選択・・・とネット上ではたくさんの情報があふれていますが、イマイチ使いこなせていません。

一番上と一番下の組み合わせが、その時点でもっとも大きなトレンド発生中。

でも、収束方向だったらトレンドが終わりに近づいている?・・・ラインの向きが気になってます・・・

結局は、通貨ペアのチャート見た方が、自信が大きくなるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク